9xzkeevmsoigp60xkhr5

雇用統計トレードを探る!

指標トレードのエッジを探る

 

あなたも指標発表時に

トレードをしたことがありますよね?

おそらく誰もが一度はしたことがあり、多くの人は失敗した経験を持っていると思います。

急な値動きに対応できず損切りをしたり、FX会社によってはスプレッドが大幅に広がって損切りになったりなど指標でのトレードは悪い印象ばかり受けます。


 

リスクはチャンスでもあるのでは?

しかし裏を返せば、大きな値動きが期待できるので、大きな収益のチャンスと見ることもできます。

もし指標でのトレードで利益をあげる方法があれば、それだけで大きなプラスをたたき出すこともできます。

過去の指標発表時の値動きから、なにか共通するパターンがないか仮説を立てながら検証していきたいと思います。

あなたのインストラクター


佐藤 匠
佐藤 匠

こんにちは。佐藤匠です。僕の特技は機械類の構造を、素早く理解できることです。そのユニークな視点からでしょうかFXトレードの聖杯は検証結果にあることを見抜きました。

テクニカル分析の手法解説は上級者の方に喜ばれますが、わかりやすく簡素にまとめて解説することを心がけています。


指標トレードで利益を上げることは可能なのか?

ということで指標の中でも一番大きく動くと言われている雇用統計で検証してみることにしました。

検証方法はフォレックステスター3というツールを使います。

このようなツールを活用することで、優位性を探ることが簡単に可能になりました。

特に指標トレードなどを実践される方は、事前に検証することは必須だといえるでしょう。

今すぐ開始しましょう。